スポンサードリンク


関節炎発症時の生活態度で痛みをコントロール

関節炎を発症したら、痛みや腫れをコントロールして上手に付き合っていく必要があります。
そのためには、悪化しないように気を配ると同時に、生活態度を見直してみましょう。

関節は血液循環や新陳代謝の衰えといった、体の状態に左右されやすく、ダメージもかなり受けることが多い部位です。
ですから、関節痛改善のためには、血行を良くし、新陳代謝を良くさせるように、栄養バランスの良い食事が重要になります。
例えば、関節に良いといわれる、“サメの軟骨”を使ったものや、ミネラル・ビタミン豊富な野菜、海草類などを中心に良質なタンパク質(植物性タンパク質の豆腐や豆製品など)を、多く摂るようにしましょう。逆に、唐辛子やカレーといった刺激の強いものや加工食品、脂肪性食品や身体を冷やす果物などは、控えるようにしましょう。

冷え性は関節炎の症状を悪化させるといわれますので、普段から、薄着はやめて体を温める食材を食べるようにしましょう。
体を冷やさないように保温に注意するだけでも、関節炎の痛みが薄らぐなどの良い作用があります。
また、軽いストレッチも良い効果を与えてくれます。

関節炎には便秘も良くありません。便秘は、血行を悪くし関節炎を悪化させます。
ですから、毎日お通じがあるようにする事が大切です。新陳代謝をよくするように、食事や水分に気を配りましょう。


関節痛には酒類・タバコ・コーヒー・塩分や動物性脂肪の摂りすぎ・刺激の強いものなどの影響もあるので、できるだけ避けたいものです。特に痛風関節炎は、“ぜいたく病”とも言われるくらい、高カロリー食やアルコール・甘い物の過剰摂取が原因とされていますので摂り方に注意が必要です。

関節炎は生活習慣を改善することで、症状を軽くしたり、進行を抑えることができるものです。
日頃から、軽い運動やストレッチで筋力を鍛え、食事や睡眠・運動・アルコール・タバコなどを節制して回復に努めましょう。

このブログ記事について

このページは、kiyoが2009年8月20日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関節炎の発症傾向について」です。

次のブログ記事は「関節炎と温熱療法の効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2