スポンサードリンク


関節炎と温熱療法の効果

関節炎の治療には温熱療法が施される事があります。
関節炎で行われる温熱療法には熱の伝わり方から、“伝道熱療法”・“放射(輻射)熱療法”・“エネルギー変換熱療法”の3つに分類されています。

“伝道熱療法”は、お風呂のように温水を使ったり、暖めたパックで関節を包み、保温して血行を良くする方法。

“放射(輻射)熱療法”は、放射部を患部に向け、赤外線を当てる赤外線照射する方法。

“エネルギー変換熱療法”は、マイクロ波を患部に照射するものや、皮膚表面に専用ゲルを塗布して超音波を照射する方法。

これらの温熱刺激を関節炎を起こしている患部に行うことで、組織温度が上昇して、血行が良くなり、炎症性物質や老廃物が排泄されやすくなります。それと同時に、筋緊張が低下し、疼痛や知覚異常が緩和されたり、炎症を鎮めることができます。


関節炎でも症状が軽い場合なら、入浴や運動で体が暖まることで痛みが軽くなる事もありますし、軽いストレッチで、筋肉をほぐすのも効果的です。

関節炎の中でも特に関節リウマチでは、温熱療法が行われています。その場合、身体 全体を温めて血流を促すパターンと、炎症を起こした患部のみを温めるパターンがあります。
どちらの場合も温熱療法によって、関節を温めて痛みやこわばりを緩和するのが目的です。

関節炎の痛みがあると、どうしても、動かさないようにしてしまいがちです。ですが、痛いからといって動かさないままでいると、筋肉が衰えてしまい、歩くことが難しくなってしまいます。さらに、関節が曲がったまま固定されたり、もしくは真っ直ぐな状態になってしまい、動きがかなり制限されてしまう恐れもあります。
ですから、関節炎の回復には温熱療法を行いながら、無理のない運動を様子を見ながら行うことも大切です。

ただし、関節炎の症状が急激で、高い熱がある場合には温熱療法は行わず、低温療法が行われる場合もあります。
保冷材をつめたパックを冷やして患部に当てたり、コールドスプレーを患部に噴射することで、冷やします。
急な痛みには温熱療法よりも低温療法が向いているとされているからです。

昔、足首や膝を痛めた時に『お風呂で温まると楽になる痛みには温感湿布。温まると痛くなる場合には、冷感湿布』と、痛みと治療の簡単な見分け方を教わったことがあります。同じような痛みでも、対処法が違うんです。

なお、関節炎から開放される時期を早めるためには、リハビリも大切です。
温熱療法を行った後のリハビリは関節炎の回復をより高めますから、個人に合わせたリハビリを無理せず地道に続けるようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、kiyoが2009年8月22日 13:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関節炎発症時の生活態度で痛みをコントロール」です。

次のブログ記事は「関節炎と民間療法の効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2