スポンサードリンク


関節炎の手術について

関節炎では内科的な療法では改善できない場合、外科手術で根本的な治療が進められています。

関節炎の内科的な療法とは、薬物療法や赤外線など温感治療などのことで、これらの治療では効果が得られない場合、整形手術で関節の機能回復を図ります。

関節炎で最も多いのが、肥満や加齢によって関節に負担がかかり引き起こされる『変形性関節症』ですが、この場合、関節のダメージが大きすぎると、修復できないケースもあります。また、関節部分に曲がりや歪みを生じることの多い『慢性関節リウマチ』などは、内科的療法ではなかなか治りにくいので、手術によって関節を、正しい形に修復していきます。

関節炎でも関節の損傷が激しい場合には『人工関節置換術』が行われます。
これは主に膝関節や股関節など、体の中でも良く動かす関節によく実施されています。損傷の激しい関節を人工関節と入れ替える“人工関節置換術”はとても大きな手術ですが、高い成果も得ています。例えば、関節炎の為にそれまで寝たきり同然の生活だった人も、歩けるようになりますし、他の関節への負担が無くなります。また、動きへの制限が無くなりますから、下肢の筋力アップにもつながります。人工関節の素材も、体への負担が少なくてスムースな動きが出来る素材の開発が進んでいるので、今後も人工関節置換術による治療法への期待は高まるでしょう。
ですが、人工関節にしたからといって、完全に関節炎が完治したわけではありません。関節炎の痛みは消えても、『人工関節』という異物が体の中に入ったために細菌感染しやすくなりますし、人工関節も長い間使っているうちには、接合部分がゆるんだり、磨り減ったりしてきます。ですから、関節炎の痛みが消えた分、体調管理と、定期的なメンテナンスが必要になるのです。

関節炎での手術は“人工関節置換術”以外にも、股関節の手術に多い“骨切除術”、金属のプレートなどで関節を固定する“関節固定術”、関節リュウマチの治療法としてよく使われる“滑膜切除術”などがあり、症状や原因によって適切な治療法を選択します。いずれも関節炎による、痛みなどの原因を元から除去するには、かなり効果のある手術法ですが、手術後一時的に、関節の違和感を覚えることがありますが、リハビリを続けることで、十分、回復が期待できるでしょう。

関節炎を回復させるためには、手術と並行して行われる薬物療法や生活指導、手術後のリハビリをしっかり行うことが大切です。

このブログ記事について

このページは、kiyoが2009年9月 2日 00:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関節炎の治療の流れ」です。

次のブログ記事は「関節炎の予防について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2