スポンサードリンク


関節炎の薬物療法とは

関節炎の治療のひとつである薬物療法に使われている薬品は、原因や症状によって違ってきます。
特に、細菌やウイルス感染の場合は、症状の進行が早く、最適な治療を、速やかに行うことが重要とされています。
どのような関節炎でも、最適な治療が回復の結果を左右するので、医師との相談の元、関節炎の原因と状態に応じて慎重、且つ速やかに治療が行われています。

関節炎で辛いのは、動かした時に痛みがあったり、動かすのも大変な腫れですね。
関節の痛みや腫れがあると、まず、その部分の治療が必要になりますから、その分回復にも影響がありますし、リハビリもかなり苦労をする可能性があります。


では、関節炎の薬物治療には、どのような薬品が使われているのでしょう。

細菌などの原因による関節炎ならば、関節内の炎症を抑えるために、抗生物質が処方されます。

“化膿性関節炎”では投薬治療に先立ち、関節せん刺で関節液を採取し、化膿菌の検査をします。化膿菌がいるようなら抗生物質を入れた洗浄液で関節内の洗浄も行います。

“結核性関節炎”では、イソニアジド・リファンピシリン・ピラジナミド・ストレプトマイシン・エタンブトールなどが使われますが、まず、結核の治療から始めます。

“関節炎がリウマチによる”場合は、炎症を軽くし、痛みを抑えたり、腫れを少なくする薬や、抗リウマチ剤(免疫調整剤)と呼ばれる、進行を抑え、経過を改善する薬が使われます。非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を使って、治療法が確立していないリウマチだけに緩和療法が行われます。

“変形性関節症”は、関節炎でも多い症例ですが、非ステロイド性消炎鎮痛剤投与、ステロイドの関節腔内注射などが行われます。
また、コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸製剤も多く使われますが、これは、関節の磨耗を防ぎ、組織を保つ意味で使われます。


関節の悩みは、多かれ少なかれ誰もが抱えていることですが、最近、ヒアルロン酸のサプリなどを摂って予防に努めるといったことをよく聞きます。こういった、普段の生活のちょっとした気遣いで関節炎は予防することもできるのです。

このブログ記事について

このページは、kiyoが2009年9月 4日 19:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関節炎の予防について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2